食に関する指導(12月)

12月12日(水)、2学期最後の食に関する指導がありました。

今回は、11月に行われた給食調査の結果や黒部の地場産食材について、給食センターの新保先生から話を聞きました。

村椿小学校は、市内でも残食は大変少ない方だということでした。

地場産食材のよさを知り、これからも味わって、美味しく楽しくいただこうという気持ちが高まりました。次回は、1月30日の予定です。

黒部地場産学校給食の日

11月29日(木)は、黒部地場産学校給食の日でした。5名のお客様を招待し、ランチルームで会食を行いました。

この日の献立は、豆わかごはん、牛乳、大地のめぐみじる、名水ポークのアップルソース焼き、れんこんのごま和えです。

各テーブルでは、様々な話題で会話をしながら会食を楽しんでいました。

給食委員会が司会進行し、地場産食材にまつわるクイズを出題したり、お客様にインタビューをしたりすることで、お客様との親交も深まり、充実した時間となりました。

 

本と友達集会

26日、本と友達集会がありました。学年代表の「おすすめの本」の紹介や図書委員会のクイズ、学校司書の読み聞かせ等が行われました。

薬物乱用防止教室

13日、6年生を対象に薬物乱用防止教室を行いました。

県薬剤師会会長宮林先生、本校の安部薬剤師さんに、一度でも薬物に手を出してしまったら抜け出せなくなること、薬物が脳に大きなダメージをあたえることなどを教えてもらいました。

手洗い教室

14日、1・2年生を対象にして手洗い教室を行いました。

新川厚生センター、黒部食品衛生協会の方から、手洗いの大切さとポイントを教えてもらいました。いつも通りの手洗いをして、手洗いチェッカーで汚れの落ち具合を確かめると、洗い残しがたくさんありました。教えてもらった正しい手洗い方法で、食中毒や感染症を予防していきたいです。

学校給食訪問

11月14日(水)、学校給食訪問がありました。給食センターから3名の方が来校され、子供たちと楽しく話をしながら会食しました。

栄養教諭の新保先生からは、「自分の体に必要なごはんの量を知ろう!食べよう!」というテーマで、お話をしていただきました。子供たちは、適切なご飯やパンの量を教えていただき、関心をもって聞き入っていました。

パソコン教室

パソコン教室がありました。講師の澤井先生から、基本的な操作の方法や文字入力の方法等を教えてもらいながら作品作りをしました。

町たんけん

11月12日、2年生が町たんけんに出かけました。村椿地区にある「くろべ工房」に行って活動の様子を見せてもらったり、パンを購入しておいしくいただいたりしました。村椿地区で生活している方々と触れ合うことができました。

三世代交流・もちつき会・グラウンド枝切り作業

27日、慶寿会のみなさんを招き、三世代交流・もちつき会を行いました。

三世代交流では、4年生が慶寿会のみなさんに教えてもらいながら「縄ない」と「きなこ作り」を体験しました。もちつき会は、全校が参加し、臼と杵でもちをつきました。できたもちに4年生が作ったきなこをまぶし、おいしくいただきました。秋の実りを実感する楽しい時間になりました。

また、同時にグラウンドの樹木の枝切り・剪定を行いました。ご協力いただいた慶寿会のみなさん、PTA役員のみなさんありがとうございました。